FC2ブログ

HANA can't stop 

砂利を歩く物音で
最早散歩の時間だと
気づくハナ

ライオンのたてがみを
彷彿させる立派な毛並みと
大きな図体

檻を壊せそうな勢いの
図太い脚
一っ走りしてきたかの如く
口を大きく開き
体温調節

既に体も温まり
いつでも突進可能状態

が、扉を開けたその時

まるで子猫の様に
じゃれて
寝転んで
甘えてくるハナ

リードを繋ぐと
その恵まれた筋力で
首輪が千切れんばかりに
ダッシュ

目の前の公園に
たどり着くと
落ち着き払い
公園の香りを堪能する